title

 

 


ご挨拶次回の研究合宿これまでの研究合宿研究報告集文献目録 研究者リンク過去の履歴お問い合せ

 


【2014年度夏合宿の予定】
2014年6月23日
 
第40回(平成26年度)宋代史研究会夏合宿のご案内(第二次)
 
 
幹事:平田茂樹・山口智哉・塩卓悟
 
(このサイトを作っているのは、青山学院大学・青木敦なので、ご連絡は下記までお願いします)
Email: aoki.bun.aoyama[at]gmail.com
 
日時 2014年8月4日(月)〜6日(水)
 
会場 民宿大原山荘(http://www.ohara-sansou.com/
〒601-1248 京都市左京区大原草生町17
電話:075-744-2227 / FAX:075-744-2678
費用
 〇合宿参加者 22,000円(2泊3日5食付)(1泊2食の場合は11,000円)
 〇合宿不参加でレジュメのみご希望の方  1,000円
 〇宋代史研究会の年会費         1,000円
申し込み方法
 同封の葉書に必要事項をご記入の上、7月10日(木)(必着)までに事務局宛にお送りください。
事務局(問い合わせ・連絡先) 
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院文学研究科平田研究室
 
もしくは t.salty1203[at]gmail.com(塩卓悟)
 
報告
 ★研究報告:報告30分,コメント10分,質疑応答20分
 ★プレゼンテーション:報告15分,コメント5分,質疑応答10分
  ※いずれも日本語・中国語にて適宜通訳がつきます(通訳担当:田由甲〔大阪大学〕)。
 
日程
8月4日(月)
15:30〜 受付開始
17:00-17:30
 
【プレゼンテーション@】
榎並岳史(新潟大学)「『湖州の変』を巡る評価と南宋後期の政治動向について」
コメント:小林晃(東洋文庫・日本学術振興会特別研究員PD)
17:30-18:00

 
【プレゼンテーションA】
李宗翰(台湾:金門大学?南文化研究所)
「南宋地方志編纂的?史意義:以淳熙《三山志》為例」
 コメント:小二田章(早稲田大学)
18:15-19:30 夕食
 
19:30-20:00

 
【プレゼンテーションB】
森本創(明治大学大学院)「南宋呉氏と『西蕃』帰明人との関係について――茶馬貿易機構再建過程解明の一段階として――」
 コメント:樋口能成(早稲田大学)
20:00-20:30
 
【プレゼンテーションC】
胡勁茵(中国:中山大学人文高等研究院)「従“景祐三式”的流伝看宋人的術数知識」
 コメント:平田茂樹(大阪市立大学)
21:00〜 懇親会・就寝
8月5日(火)
8:00-9:00 朝食
9:00-10:00

 
【研究報告@】
高津孝(鹿児島大学)「浙江石材と宋元代の海域交流」
コメント:呉雅?(台湾:曁南国際大学)
10:00-11:00
 
【研究報告A】
翁育?(台湾:東海大学歴史系)「婢与女使――唐宋女僕地位的転変」
コメント:山崎覚士(佛教大学)
11:00-11:15 休憩
 
11:15-12:15
 
【研究報告B】
小林義廣(東海大学)「谷川共同体論と家族・宗族」
コメント:張文昌(台湾:東海大学歴史系)
12:15-13:30 昼食
 
13:30-14:30


 
【研究報告C】
鄭丞良(台湾:輔仁大学歴史系)「道学、政治与人際網絡:以嘉定時期黄?仕宦経歴為中心的初歩探討」
コメント:近藤一成(早稲田大学)
 
14:30-15:30

 
【研究報告D】
伊藤正彦(熊本大学)「領域性の生成原理――明末徽州魚鱗冊関係文書の分析をてがかりに――」
コメント:劉馨?(台湾:嘉義大学)
15:30-16:00 休憩
 
16:00-16:30
 
【プレゼンテーションD】
姚政志(台湾:政治大学)「宋元明地方志中関於祠祀的記載」
 コメント:水越知(同志社大学)
16:30-17:00

 
【プレゼンテーションE】
毛利英介(関西大学アジア文化研究センター)「『使金賀生辰還復命表』から見た君臣関係期の金宋関係」
 コメント:伊藤一馬(大阪大学)
17:00-17:30
 
【プレゼンテーションF】
呉錚強(中国:浙江大学歴史学系)「温州明清族譜宋元史料考」
コメント:山根直生(福岡大学)
18:00〜 夕食・懇親会・就寝
8月6日(水)
8:00-9:00 朝食
9:00-9:20 チェックアウト
9:20-10:20

 
【研究報告E】
劉馨?(台湾・嘉義大学)「GIS的応用:宋代地方官的善政」
コメント:小林隆道(早稲田大学)
10:20-11:20
 
【研究報告F】
大澤正昭(上智大学)「農書史料の再検討――生産と流通(仮題)」
 コメント:鄭丞良(台湾:輔仁大学歴史系)
11:20〜 総会
正午 解散