教員・ゼミ紹介

トップ > 総合案内 > 教員・ゼミ紹介

教員・ゼミ紹介

青木 敦中国前近代史

宋・元・明・清時代の中国・朝鮮・日本・東南アジア(漢文が主だった植民地化以前も含めて)が、守備範囲。学部生として漢文・英文能力をもとに、中国や魅力的な少数民族の文化・三国志をしのぐ人間エピソード、日本史史料も駆使した日本・朝鮮・中国・東南アの関係史など、学生の創造的着想を善良でサポートします。本物の正統的歴史学を教授します。

ゼミ活動紹介はこちら
「卒業論文を書くためのガイド(試行版)」をゼミ活動に掲載しました。

飯島 渉広域アジア史・医療史・環境史

ヨーロッパにおけるEUの拡大を見るとき、東アジア共同体の設立は可能なのかどうかを常に考えます。その答えを、日本を含む東アジアの歴史、その論理と倫理の中で探してみてください。

ゼミ活動紹介はこちら
「卒業論文を書くためのガイド(試行版)」をゼミ活動に掲載しました。

稲垣 春樹西洋近世近代史

イギリス帝国史のゼミです。イギリス本国だけでなく、カナダ、オーストラリア、南アフリカ、インドなどの旧植民地地域(英語圏地域)の歴史について幅広く勉強します。歴史学の視点と方法を用いて、移民、人種、宗教、階級、ジェンダーといった諸問題について一緒に考えていきましょう。

岩井 浩人歴史考古学

ゼミでは研究論文の講読や資料見学などを通して、日本列島や東北アジアの古代社会を考古学的に研究する方法を学んでもらいます。なお、考古学の醍醐味の一つは、遺跡の発掘調査において自身の手で土中のモノを発見し、それを史料化することにあると考えていますので、座学とともに様々な調査技術を学び、フィールドワークを楽しめるようになって下さい。

岩田 みゆき日本近世史・幕末社会史

ゼミナールでは、沿岸部の村の史料調査を行っています。教室では、撮影してきた古文書を解読し、江戸時代の村の姿を少しずつ明らかにしています。古文書を読みたい方歓迎です。

菅頭 明日香歴史考古学

文化財科学(特に考古地磁気)を専門とする。考古学といっても、その時代を考えるには、考古学の専門書以外の文献、さらに理学的な勉強をしておくとよい。

菊地 重仁ヨーロッパ中世史

一口にヨーロッパ中世といってもヨーロッパは広く、中世はとても長い時間です。いや、そもそもヨーロッパとは、中世とは何なのでしょう。教員の私を含めたゼミ参加者全員がそれぞれの関心・好奇心・探究心に基づき多言語を駆使して学究に励み、少しずつ、少しずつ、細い糸を紡ぎだすように成果をまとめて(学部4年間の締めくくりは卒業論文!)、それらを撚り合わせて、あるいは編み合わせて、一緒に「ヨーロッパ中世」像を織り上げていきましょう。

北村 優季日本古代史

日本古代史の研究は、どこかで「日本」という国の起源を考えることにつながっています。今の世の中をたどっていくと、長い道のりの末にちょうど濃い霧がかかっている地点が古代国家の時代なのかもしれません。勉強のおもしろさは、文献はもちろん考古学や国語学、建築学などの知識を総動員して、その〈霧〉を取り払っていくところにあります。是非、その最先端の作業をすすめてください。

小林 和幸日本近代史

演習では、幕末維新期から昭和に至る各種の史料を精読し、近代日本社会への理解を深めます。政治外交から庶民の文化まで、幅広い研究が可能です。ゼミ参加者とともに行う近代史跡の見学会や、合宿では、近代史の様々な側面を考えることができるでしょう。

小宮 京日本現代史

戦後から現代にいたる日本の歴史について、史料読解を通じて明らかにしていきます。普段から、新聞を読む、テレビやネットを視聴するなど、日々のニュースに接して、歴史への関心を高めましょう。

阪本 浩古典古代史

文学部共通科目からは、「ギリシア・ローマ文学」「ラテン語入門」あるいは「ギリシア語」、その他にキリスト教関係の科目も履修するように望んでいます。

二宮 文子インド・イスラーム史

インドだけでなく、ムスリムが活動していた時代地域の勉強をしたい人を幅広く歓迎します。馴染みの薄い外国の歴史の勉強は大変ですが、色々な時代地域の歴史に触れるのは大きな刺激になります。現代の海外ニュースの背景を知るチャンスもあるはずです。好奇心を目一杯働かせてください。

「卒業論文を書くためのガイド(試行版)」をゼミ活動に掲載しました。

藤原 良章日本中世史

いろいろな本を読み、いろいろなものを見、いろいろなところに出かけてみてください。

安村 直己西洋近代史(南北アメリカ)

いま、多くの人はグローバル化に翻弄されています。しかし、歴史の中に思考の原点を置くことで、グローバル化の現状を冷静に見極め、主体的に未来を構想することが可能になります。そんな原点の一つである南北アメリカ大陸史について一緒に考えてみませんか。

割田 聖史西洋近現代史

「今自分たちの世界がどこにあり、どこに行こうとしているのか」。このようなことを考えることはありませんか。歴史学は、過去の事跡を暗記するだけの学問ではありません。過去を考えることで、今の私たちを探る学問です。このような問いを考えるときにもきっと役に立つ学問です。青山学院大学の史学科で、さまざまな時代・地域の歴史を学んで、自分たちの位置を一緒に考えていきましょう。