カリキュラム

トップ > 総合案内 > カリキュラム

カリキュラムの特徴

本史学科は日本史、西洋史、東洋史、考古学の4つのコースが設けられています。 本史学科の特色のひとつは、はじめに広い視野から歴史を見渡し、ついで深く専門知識を究める、という形がとられている点にあります。

1年次では全コースの概説をじっくり聴講し、世界の歴史の動きについて偏らない知識を吸収し幅広い視野を身につけます。2年次になると、各自の興味・関心に従ってコースを選択し、各コースの学問分野についての研究方法や手続きの基本を学びます。 また同時に、史料や文献を読解するのに必要な外国語や古文書学も修得します。3年次になると各コースの中で各自が選んだテーマに従って、ゼミを選択することになります。 それぞれゼミの担当教員から懇切丁寧な指導を受けることになっています。また、3年次には研修旅行が行われることも、本史学科の特色のひとつです。 そして4年次には学生生活の総決算として卒業論文を全員が執筆することになっています。 学問をさらに深めたい学生のために全コースに大学院(博士前期・後期課程)が設けられています。

本史学科が他の私立大学の史学科と異なっている特徴は、教授陣の多彩な顔ぶれにあります。日本史コースは古代、中世、近世、近代、現代各時代の専門家、西洋史コースには、時代の編成も考慮しつつ、イギリス、ドイツ、アメリカなど欧米各国の歴史の専門家が配置されています。また、東洋史コースには中国史だけでなくインド・イスラーム史の専門家もおり、考古学コースには日本だけでなく東洋の考古学の専門家も配置され、外国全般の考古学の教育も担当しております。

また、上記のような広い視野にたった歴史学の教育・研究を実現するために、四十余名にのぼる様々な分野の兼任講師を抱えている点も、他の史学科に例を見ない本史学科の特徴と言えるでしょう。

史学科研修旅行
史学科では、3年次に研修旅行を行っています。ゼミ単位でテーマを考え、そのテーマにあわせて旅の計画を練っていきます。実際に現地へ赴くことによって、新しい発見をしたり研究へのヒントを得たりと、大学の中だけでは味わえない貴重な知的刺激を受けることができます。

研修旅行レポートはこちら

史学会
教員と学部生、大学院生、及び卒業生を中心に、歴史学や隣接諸科学の研究、発表を目的として組織されています。この史学会は学会誌として毎年、『史友』を発行し、さらに秋には史学会大会を開催しています。大会では学生、大学院生による各部会での研究発表とともに、他大学から講師の先生をお招きして講演会を行っています。その他には、博物館学芸員の方による講演会を開催するなど、学部生を中心として活発な活動が行われています。