PESE (ピース/Program for Extensive Studies in English)  


Mary Knighton's seminar

  英米文学科では、Integrated English (IE・英語4技能集中教育)をはじめ使用言語を英語とする授業を数多く開講し、6つの専門コースと一体化したカリキュラム編成をこれまで行ってきました。2017年度からは、このような英語で学ぶ授業の開講数をさらに充実させ、「一つのコースだけでなく、複数のコースの専門科目を幅広く学際的に学びたい」「語学の授業も専門科目の授業も日本語を介さず英語で学びたい」 という要望に応えるため、コース制に加えて新たにPESEを開始します。国際舞台を前提とした専門職を目指す、海外の大学・大学院に留学してさらに勉学を深める等の目的に合致したプログラムです。このプログラムによって、語学・専門科目の大半を英語だけで学ぶことができるようになります。

  具体的には、IEプログラムの語学訓練に加えて、1,2年次では概論科目(イギリス文学概論、アメリカ文学概論、グローバル文学・文化概論、異文化間コミュニケーション概論、英語学概論、英語教育学概論など)や選択科目(スピーチコミュニケーションなど)が英語で提供されます。3,4年次の専門科目では全分野の特講科目および演習が英語で受講できるだけでなく、イギリス事情、英語聖書、ビジネスイングリッシュなど多様な選択科目も英語で提供されます。もちろん卒業論文もネイティヴ・スピーカーの専任教員から指導を受けることができます。時間割の組み方次第で入学から卒業まで、実質的に英語だけで授業をうけることが可能となるのがPESEなのです

※本学科のコース制についてはこちらをご覧ください。

 

  PESE 修了認定について

Ms Allen's lecture

  PESEでは英語による授業を72単位以上取得することがこのプログラムの修了認定要件となります。修了認定を得るためには正式登録が必要です。2年次で英語によるReading II (1年次の英語の成績によるクラス分けで上位3クラスだけで実施されるクラス)を履修すること、あるいは2年次終了時点で行われるPost-test の結果が学科の定める基準点以上であることが正式登録するための条件となります。

  学科の卒業要件(124単位以上)のうち、このプログラムの修了認定要件(72単位以上)を満たした場合、英米文学科から修了認定証が授与されます。

  PESE 指定科目とは?(例)

1年次 2年次 3年次 4年次
Reading Ⅱ 各コースの演習
(ゼミ、イギリス文化、アメリカ文学、グローバル文化、英語学、英語教育学、コミュニケーション)
イギリス文学概論 Ⅰ、Ⅱ イギリス文学特講 Ⅰ、Ⅱ
アメリカ文学概論 Ⅰ、Ⅱ アメリカ文学特講 Ⅰ、Ⅱ
グローバル文学・文化概論 Ⅰ、Ⅱ アメリカ文化特講 Ⅰ、Ⅱ
異文化間コミュニケーション概論 Ⅰ、Ⅱ グローバル文学特講 Ⅰ、Ⅱ
英語学概論 Ⅰ、Ⅱ 英語学特講 Ⅰ、Ⅱ
英語教育学概論 Ⅰ、Ⅱ 英語教育学特講 Ⅰ、Ⅱ
コミュニケーション特講 Ⅰ、Ⅱ
スピーチコミュニケーション Ⅰ (1)(2) イギリス事情 Ⅰ、Ⅱ
パフォーマンススタディーズ (1)(2)(3)(4) 英語聖書 Ⅰ、Ⅱ
アドヴァンスト・アカデミックライティング Ⅰ、Ⅱ
スピーチコミュニケーションⅡ (1)(2)
クリエイティブ・ライティング (1)(2)
ジャーナリスティックライティング (1)(2)
ビジネス・イングリッシュ Ⅰ (1)、Ⅱ (1)(2)
特別演習(卒業論文)

  ※年度によっては、開講されない科目や内容が変更される科目もあります。