沿革と教育方針


AGU Campus

  青山学院の歴史は、米国メソジスト監督教会が日本に派遣した宣教師によって創設された3つの学校、1874年にドーラ・E・スクーンメーカー女史によって麻布に開校された「女子小学校」、1878年にジュリアス・ソーパー博士によって築地に開校された「耕教学舎」、そして1879年にロバート・S・マクレイ博士によって横浜に開校された「美會神学校」をその源流とします。

  青山学院が芽生えた当初より英語学習を中心とし、その後、初等中等教育とは別に、高等教育機関として英米文学・英語学の研究教育が行われていました。1949年の学制改革に伴い、大学文学部英米文学科となり、1952 年には大学院修士課程が、1959年には博士課程が設置されました。また、1950年には第二部英米文学科が開設され、現在に至っています。これは、大学教育が経済的に恵まれたごく一部の子弟の特権であったような貧しい敗戦後の日本においてまさに画期的なことでした。以来、英米文学科は60年以上にわたって多方面に幾多の優秀な人材を輩出してきました。

  教育方針

  英米文学科は英語およびその文学の研究を通して、英語圏の生活、文化、社会、風土に関する認識を深め、人間と文化の本質を理解することを目標とし、国際的な視野を備え、社会に貢献できる個性的で創造性豊かな人物を育成したいと願っています。

  多数の外国人教員を含む優秀な教授陣を擁する英米文学科は、学科の柱である英米文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育学の研究とともに、英語の実際的運用力を向上させるためのさまざまな科目を配置し、「英語の青山」を代表する学科として高い水準と充実した内容を誇りとしています。海外の大学との交換留学(単位認定制度があります)にも積極的にかかわっており、高度な研究を志す人のためには大学院博士課程(前期・後期)を設置しています。

 

  取得可能資格と進路

  英米文学科では卒業までに以下の資格を取得することができます。

教員免許状: 高等学校一種(英語) 中学校一種(英語)
司書・司書教諭
社会教育主事
学芸員

特に、教職課程については、毎年数十名もの学生が卒業時に英語の教員免許状(高等学校・中学校)を取得しています。

例えば、教員免許状取得者数として

2013年度卒40名/39名
2012年度卒43名/41名
2011年度卒53名/46名  (人数は、高等学校1種/中学校1種)

という数の学生たちが英語科目教員免状を取得し、その後日本全国で教員として活躍しています。
※取得資格の条件などに関しては、入学年度によって異なります。教務担当者にご確認ください。

  また、本学科の卒業生たちは、在籍時に培った英語力や思考力を活かして、卒業後にさまざまなフィールドで活躍しています。
卒業生の進路状況についてはこちらをご覧ください。