1952年、他学部他学科に先がけて大学院文学研究科英米文学専攻修士課程が設置されました(1984年度より博士前期課程と改称)。1959年には、全学で初めて英米文学専攻博士課程が設置許可されました(1984年度より博士後期課程と改称)。1997年度からは、大学院英米文学専攻は昼夜開講制となり、同時に全ての科目が学期制になりました。それに伴い、従来の定員20名のうち約5名は社会人入試による定員となって、現在に至っています。

  英米文学専攻の理念は、「研究科課程の目的に応じ、高度かつ専門的な学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて文化の進展に寄与する人物を養成すること」(「青山学院大学大学院学則 第1条」)にのっとり、国際的視野に立った、英米の文学・語学に精通する教育者・研究者を育成することにあります。博士前期課程では、「広い視野に立って精深な学識を授け、専門分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うこと」(「青山学院大学大学院学則 第3条第1項」)を目的とし、博士後期課程では、「専門分野について研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うこと」(「青山学院大学大学院学則 第3条第2条」)を目的としています。このような理念・目的を堅持しつつ、英米文学専攻は、英文学、米文学、英語学、英語教育学、コミュニケーションの分野での専門的研究能力を養うとともに、国際的視野を持ったバランスのとれた教育者・研究者を育成し、併せて世界に開かれた学問研究を目指しています。

  英文学、米文学、英語学、英語教育学・コミュニケーションの各分野で、豊富できめ細かい指導とカリキュラム編成がなされています。また昼夜開講制をとっていますので、従来の1時限~5時限の時間割に加え、6時限(18:30~20:00)を設けており、昼夜にわたって幅広く講義を受講できます。また、大学院英文学専攻協議会(英専協)に加盟する他大学院においても、10単位を限度として修了要件単位に算入することができます。特にコミュニケーション領域においては、言語使用者の諸属性を含めたコンテキストの中での言語現象に関する研究、通訳理論研究や通訳訓練の英語教育への応用、英語話者の言語・非言語コミュニケーションの分析など、多様な演習と講義を開講しています。
  英米文学専攻博士前期課程では、2010年度からカリキュラムの一部改訂を行ない、基礎演習(1)、(2)、初等英語教育論演習I、II、研究指導演習I、II、III、IVを新たに開講し、さらに、従来からの修士学位申請論文を提出して審査および最終試験に臨む修了方法に加え、「特定の課題についての研究の成果」を提出して審査および最終試験に臨む修了方法を新たにもうけました。また、将来大学院への進学を目指す学部4年生に、大学院の授業科目の履修が一部認められるようになりました(大学院科目特別履修制度)。
  詳細については、学務部教務課(文学研究科担当)にお問い合わせください。