講演会のお知らせ/ A Lecture Meeting

 英文学会では、Sean Matthews 先生を講師としてお招きし、講演会を開催します。
事前の予約や参加費などは必要ありません。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

日   時: 2018年5月29日(火)11:00-12:30
場   所: 青山キャンパス17号館3階 17306教室
講 演 者 : Sean Matthews 氏(英国ノッティンガム大学助教授)
講演題目: Why Ishiguro? Notes on an Unusual Nobel

講演要旨: カズオ・イシグロによる2017年のノーベル文学賞受賞は驚きをもって受けとめられた。探偵小説風の『わたしたちが孤児だったころ』(2000)からSF小説的な『わたしを離さないで』(2006)を経てファンタジー要素を持つ『忘れられた巨人』(2015)へと至るイシグロ作品の変遷を疑問視する批評家もいたからである。ノーベル賞基準から作品を見直すことで、この謎めいた作家の理解が深まるのだろうか。本講義では、『遠い山なみの光』(1982)と『わたしたちが孤児だったころ』を中心に、形式・言語の刷新と道徳的な問題への積極的な関与を続けるイシグロ小説の特徴を読み解く。それはノーベル賞だけでなく、F. R.リーヴィスの言う「英国小説の偉大な伝統」の文脈において イシグロを再考することでもあるだろう。

     Sean Matthews is Assistant Professor in Modern and Contemporary Literature, and Director of the D.H. Lawrence Research Centre at the University of Nottingham, UK. He read English at the University of Cambridge, where he also gained his Ph.D., which traced the emergence of Cultural Studies from English Studies in the 1950s and 60s. He has published widely on cultural theory and twentieth century literature. He is founding editor with the Bloomsbury Contemporary Critical Perspectives series, for which he edited a volume of critical essays on Ishiguro – whom he has twice interviewed (Kazuo Ishiguro: Contemporary Critical Perspectives, 2010). Professor Matthews’s interests are above all in what Raymond Williams termed ‘the emergent’: the elements of a culture which are new, challenging, uncertain and unsure, groping towards new understanding and new life. His Raymond Williams is forthcoming from Routledge.

     PDFのフライヤーは こちら です。

お問い合わせ先:英米文学科 麻生 えりか 教授