講演会のお知らせ/ A Lecture Meeting

 英文学会では、杉崎鉱司先生を講師としてお招きし、講演会を開催します。事前の予約や参加費などは必要ありません。ご参加をお待ちしております。

日   時: 2018年3月1日(木) 15:45 ~ 17:45
場   所: 青山キャンパス 17 号館 5 階 17501 教室
講 演 者 : 杉崎 鉱司 (関西学院大学文学部 教授)
演題: 日英語における動詞句削除の獲得と普遍文法

講演要旨:
  本発表では、英語および日本語を母語とする幼児が、自分の母語における動詞句削 除現象の有無に関して、観察しうる最初期から成人と同質の知識を持つことを主張する。
  具体的には、英語に関しては、Sugisaki & Kurokami (2017)に基づき、2〜3歳の幼児が Lobeck (1995)や Saito & Murasugi (1990)の提案する動詞句削除の認可条件に従うことを、自然発話分析を通 して明らかにする。次に、日本語に関しては、付加詞を含む自動詞文を用いた実験により、動詞句 削除の欠如に関する知識が4〜6歳児の知識に備わっていることを示す。
  これらの結果を踏まえ、幼児がどのようにして目標言語における動詞句削除の有無を早い段階か ら知ることができるのかについて考察し、「ラベル付け」(e.g. Chomsky 2013)の仕組みを用いた提案 を行う。

▪️講演者のより詳しい紹介が掲載されたNewsletterはコチラ(PDF)

お問い合わせ先:文学部 英米文学科 髙橋将一 准教授