講演会のお知らせ/ A Lecture Meeting

 英文学会では、 英国マンチェスター大学名誉教授のDavid Denison 氏を講師にお招きし、講演会を開催します。事前の予約や参加費などは必要ありません。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日   時: 2016年11月22日(火)第4限 15:00 - 16:30
場   所: 11号館 7階 1172教室
講 演 者 : David Denison氏 (マンチェスター大学名誉教授) 氏
講演題目: Aspects of English Historical Syntax

講演者主要略歴:
1993年 4月 マンチェスター大学英語上級講師 (1995年9月まで)
1995年10月 同上 英語学教授 (2008年11月まで)
2008年12月 同上 英語・中世文学スミス教授 (2015年2月まで)
(功績ある英語学教授のみに与えられる権威ある職階で、1824年の前身校創立以来Denison氏が3人目)
2015年 3月 同上 英語学名誉教授 (現在に至る)
退職後も終身常任研究員として継続プロジェクトを統率

講演者主要研究歴・受賞歴:
1) ケンブリッジ大学セント ジョンズ カレッジ数学賞受賞 (1970年6月) 
2) マコーレイ (McAulay) 奨学金受給 (1969年10月-1971年12月)
3) ケンブリッジ大学教育科学科賞受賞 (1973年10月-1976年9月)
4) クルー卿 (Lord Crewe) 記念奨学金受給 (1975年10月-1976年9月)
5) スウェーデン王国ウプサラ(Uppsala) 市より名誉博士の称号授与 (2014年1月)
授与式がいかに厳かな儀式であるか次のURLからわかります
http://www.uu.se/en/about-uu/traditions/conferment-ceremony
6) 英国学士院特別会員 (Fellow of the British Academy) (2014年7月-現在)
http://www.manchester.ac.uk/discover/news/article/?id=12518

講演者主要業績:
1. 著書 (単著) English Historical Syntax: Verbal Constructions (Longman Linguistics Library). London and New York: Longman, 1993. xiv + 530 pp.
2. .著書 (共著 [単独執筆]) “Syntax”. In Suzanne Romaine (ed.), The Cambridge History of the English Language, vol. 4, 1776-1997, 92-329. Cambridge: Cambridge University Press, 1998.
3. 著書 (共著 [単独執筆]) “Category Change and Gradience in the Determiner System”. In Ans van Kemenade & Bettelou Los (eds.), The Handbook of the History of English (Blackwell Handbooks in Linguistics), 279-304. Oxford: Blackwell, 2006.
4. 著書 (共著 [単独執筆]) “Syntactic Surprises in Some English Letters: The Underlying Progress of the Language”. In Stephan Elspaß, Nils Langer, Joachim Scharloth & Wim Vandenbussche (eds.), Germanic Language Histories 'from below' (1700-2000) (Studia Linguistica Germanica 86), 115-27. Berlin and New York: Walter de Gruyter, 2007.
5. 著書 (共著 [共同執筆]) (with Alison Cort) “Better as a Verb”. In Kristin Davidse, Lieven Vandelanotte & Hubert Cuyckens (eds.), Subjectification, Intersubjectification and Grammaticalization (Topics in English Linguistics 66), 349-83. Berlin: De Gruyter Mouton, 2010.
6. 著書 (共著 [単独執筆]) “Category Change in English with and without Structural Change”. In Elizabeth Closs Traugott & Graeme Trousdale (eds.), Gradience, Gradualness and Grammaticalization (Typological Studies in Language 90), 105-28. Amsterdam: John Benjamins, 2010.
7. 共編著 (with Kersti Börjars & Alan Scott) “Morphosyntactic Categories and the Expression of Possession” (Linguistik Aktuell/ Linguistics Today 199). Amsterdam: John Benjamins, 2013. xii + 341 pp.
8. 学術雑誌論文 (共同執筆) (with Marianne Hundt) “Defining Relatives. Journal of English”, Linguistics 41.2 (2013), 135-67.
9. 学術雑誌論文 (共同執筆) (with Nuria Yáñez-Bouza) “Which Comes First in the Double Object Construction?”, English Language and Linguistics 19.2 (2015), 247-68.
10. 著書 (単著) English Word Classes: Categories and Their Limits (Cambridge Studies in Linguistics.) Cambridge: Cambridge University Press, 2017. [出版契約完了済]

ほか多数。

お問い合わせ先:英米文学科 中澤 和夫 先生