寄附講座「通訳ワークショップ」の継続が決まりました。

文学部共通科目である寄附講座「通訳ワークショップ」が2014年度も継続されることが決まりました。

「通訳ワークショップ(1)(2)」はコングレス・オーガナイザーの最大手である日本コンベンションサービス株式会社(http://www.convention.co.jp)が後援する寄附講座で、2007年の開設以来続いており、2014年度も継続されることが決まりました。英語と日本語の間の通訳を扱いますが、初歩からていねいに指導しますので、文学部の学生で通訳に関心のある学生なら安心して受講できます。社会で求められる実用的な英語力をさらに高めるために、また将来のキャリアの幅を広げるために役に立つ講座です。この講座は昨年の受講生のアンケートでも高い評価を受けました。講師はプロの通訳者で様々な大学等で教鞭を取っている高橋絹子先生が担当します。