講演会のお知らせ/A Lecture Meeting

伊達直之先生ご担当授業「イギリス詩B演習II」に、フロリダ州立大学よりStanley E. Gontarski教授をお招きし、講演会を開催します。事前の予約等は必要ありません。会員の皆さま、学生の皆さん、お誘いあわせの上ご来場ください。

日   時: 12月18日(火) 第5限(16:20 - 17:50)
場   所: 青山キャンパス 17号館 3階 17310教室
講 演 者 : Dr. Stanley E. Gontarski
(Robert O. Lawton Distinguished Professor of English Florida State University)
講演題目: Beckett in His Time, Beckett in Our Time

講演要旨(講演は英語で行われます):
 20世紀を代表するアイルランド出身の劇作家・小説家・詩人Samuel Beckett(サミュエル・ベケット、1906-1989)研究においての第一人者であるGontarski教授をお招きし、Beckettの演劇について講演していただきます。
 Beckettはモダニズム、不条理劇と関係づけられて語られる劇作家ですが、その範囲を超えた多くの演劇手法を試み続けており、『ゴドーを待ちながら』(1952仏語,1955英語)は現在も再演され続けています。今回はGontarski教授ご自身が最近ロンドンで演出した『ゴドーを待ちながら』の映像を見せながら、現代におけるBeckett上演について話されます。
 (講演は平易な英語によって行われるとのことです。通訳はつきません。)

講師紹介:
Stanley. E. GONTARSKI, Robert O. Lawton Distinguished Professor of English: specializes in twentieth-century Irish Studies, in British, U.S., and European Modernism, and in performance theory. He edited the Journal of Beckett Studies. He is also General Editor of two book series: 1) "Crosscurrents: Comparative Studies in European Literature and Philosophy" with the University Press of Florida and 2) "Anthem Studies in Theatre and Performance" with Anthem Press, London He edited the Journal of Beckett Studies from 1989-2008, and currently serves as Co-Editor with its publication by Edinburgh University Press.

お問い合わせ先:英米文学科 伊達 直之先生