青山英語英文学研究会(ALL)5月第2回例会のお知らせ

日 時 2012年5月16日(水) 午後3:00-午後5:00
場 所 ガウチャーホール (15号館) 4階 15404教室
発表者 外池滋生(本学英米文学科教授)
題 目 「Differentの内部解釈のAgree分析と右方節点繰り上げ構造」
【要旨】
(1)は右方節点繰り上げ(RNR)構文であると同時に、different banksはJohnとMaryとの間で異なっているという文内部解釈を持っている。
(1) John invested money in, and Mary borrowed huge sums of money from, different banks.
内部解釈の扱いについては数量詞繰り上げ(Quantifier Raising)を用いる分析が提案されているが、本発表では、そのような扱いは、内部解釈が(2a)では可能で、(2b)では不可能である事実を正しく捉えることができないことを示し、代案として、Agreeによる分析を提案する。
(2) a. Mike and Bob think that different explorers discovered America.
  b. * Different students think that America was discovered by those two famous explorers.
その結果として、(1)のようなRNR構文の分析についても、新たな分析が可能であることを示す。

 「青山英語英文学研究会(ALL)」の月例会のご案内です。入場無料,予約不要。茶菓を持参して,召し上がりながらお聴き下さって結構です。
 本学教職員,大学院生,学部生,学外の方,英語学英米文学に関心がある方,英語スピーチ,演劇,言語学,文学や文化に興味がある方,どなたも歓迎致します。遠慮なくご参加ください。

幹事 中澤和夫
<連絡先 ガウチャ-ホール 10階 G1014室>