TOP

Home > 学部案内 - 教員組織 > 日本文学科教員

氏名 片山 宏行 (カタヤマ ヒロユキ)
職格 教授
担当教科
(主なもの)
芥川龍之介
菊池寛
森鴎外
略歴
自年 至年 内容
1982 青山学院大学大学院文学研究科 博士課程中退
1982 1989 神戸山手女子短大国文科講師
1989 1991 同 助教授
1991 2000 青山学院大学 文学部 日本文学科 助教授
研究テーマ 明治・大正期の小説を中心に研究しているが、現在は当時「文壇の大御所」といわれた菊池寛の文学と生涯について調査研究している。
所属学会
(主なもの)
日本近代文学会
研究業績
(論文、著作)
(代表的なもの)
自年 至年 論文名・著作名
1991 菊池寛「恩讐の彼方に」 (『近代文芸新攷』所収)
1994 菊池寛「イギリス・アイルランド文学の投影」 (『研究叢書』4号)
1997 『菊池寛の航跡』 (和泉書院)
2000 『菊池寛のうしろ影』(未知谷)
2003 『真珠夫人 本文編/注解・考説編』(翰林書房)
キーワード 精読
討論
表現
受験生、学生への
メッセージ
近代・現代の文学作品を「楽しく」読み、言葉と、他人の意見によく目配りして、自分の「読み」を考え、正しく伝わるように表現を練る。人生・人間という「迷い」の有り様をまずは独りで、続いて討論で考えあわせ、その作品の中から自分の人間観、世界観を広げてゆく。が、あくまでも「楽しく」ということが基本である。