TOP

Home > 学部案内 - 教員組織 > 史学科教員

氏名 小林 和幸 (コバヤシ カズユキ)
職格 教授
担当教科
(主なもの)
日本史概説
基礎演習
日本史演習
特別演習(卒業論文)
日本史研究[大学院]
略歴
自年 至年 内容
1984 青山学院大学 文学部 史学科 卒業
1986 青山学院大学大学院文学研究科史学専攻博士前期課程修了
1989 青山学院大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学
1989 1992 青山学院大学 文学部 史学科 助手
1992 1998 宮内庁書陵部 研究員、主任研究官
1998 2006 駒澤大学文学部 専任講師、助教授
2006 青山学院大学 文学部 史学科 教授
研究テーマ 日本近代史。幕末・明治維新期から昭和戦前期の政治史および思想史。特に立憲政治に関する研究を進めている。また、近代史料の調査、研究も併せて行っている。
所属学会
(主なもの)
日本歴史学会
史学会
明治維新史学会
日本国際政治学会
日本政治学会
東アジア近代史学会
地方史研究協議会
日本アーカイブズ学会
研究業績
(論文、著作)
(代表的なもの)
自年 至年 論文名・著作名
2002 『明治立憲政治と貴族院』単著(吉川弘文館)
『明治天皇と政治家群像』共著(吉川弘文館)
2005 『木戸孝允関係文書』共著、(東京大学出版会)
『山県有朋関係文書』共編(山川出版社)
『明治国家の対策と思想』共著(吉川弘文館)
2011 『谷干城—憂国の明治人』単著(中公新書)
2012 『近世・近代における文書行政』共著(有志舎)
キーワード 立憲政治、帝国議会、貴族院、近代史科、国権論、民権論、官僚制、皇室制度
受験生、学生への
メッセージ
日本の近代は、波乱にみちた激動の時代です。そこでは理想に向かって奮闘する人々が織りなすドラマが繰り広げられています。史料に問いかけて見てください。日本近代史には、この上ないおもしろさが待っています。