TOP

Home > 学部案内 - 教員組織 > 史学科教員

氏名 飯島 渉 (イイジマ ワタル)
職格 教授
担当教科
(主なもの)
東洋史特講、演習
東洋文化史演習
基礎演習
略歴
自年 至年 内容
1979 1985 東京学芸大学教育学部卒業
1985 1988 東京学芸大学大学院修士課程修了
1988 1992 東京大学大学院博士課程単位取得退学
1992 1993 大阪市立大学文学部助手
1993 2004 横浜国立大学経済学部助教授、教授
2000 文学博士(東京大学)
2004 青山学院大学 文学部 教授
研究テーマ 中国を中心とする東アジアの社会史・経済史
所属学会
(主なもの)
史学会
社会経済史学会
歴史学会
The Society for Social History of Medicine
研究業績
(論文、著作)
(代表的なもの)
自年 至年 論文名・著作名
1999 『華僑・華人史研究の現在』汲古書院(編著)
2000 『ペストと近代中国』研文出版(単著)
2001 『疾病・開発・帝国医療』東京大学出版会(共編著)
2005 『マラリアと帝国』東京大学出版会(単著)
2005 『中国近現代史研究のスタンダード』研文出版(共編著)
キーワード
受験生、学生への
メッセージ
「外国に一人で行けるようになること」が現在の大学生に求められているスキルのひとつであるように思います。