TOP
学部案内

Home > 学部案内 - 学会活動

学会活動

文学部には、それぞれの学科ごとに、専門分野に応じて、学部学生、大学院生、専任教員、なかには卒業生を含めた構成によって、学会が設立されています。そこでは、専門の学問領域の研究はもとより、専門分野と関連する領域も視野に入れて、研究と教育の発展に寄与する幅広い諸活動が行われ、研究成果の発表も行われています。また、会員相互の親睦を図るために、研究会や講座、第一線で活躍している企業人、研究者を講師に招いて講演会の開催、会報や研究紀要などの刊行が行われています。各学会の特徴と活動は以下の通りです。

英文学会

青山学院大学英文学会は、半世紀を超える長い歴史をもち、会員が英米文学、英語学、コミュニケーション、英語教育などに対して関心を深め、知識を向上させることを目的としています。学会誌は、専任教員、博士課程後期の院生が寄稿する『英文学思潮』(年一回発行)があります。院生用には、『論集』があり、学部学生は『会報』を発行しています。講演会は、年7~10回を予定しています。12月には、大会があり、講演会、研究発表、ゼミ紹介、懇親会などが催され、活発な活動を行っています

フランス文学会

青山学院大学フランス文学会は、学部学生、大学院生、教員を中心に卒業生有志から成る組織で、研究と親睦を目的としています。いわゆる「学園紛争」で解散されましたが、1990年に再建され、1992年には学科創設30周年を機に年1回発行の研究誌「青山フランス文学論集」を復刊し、情報提供の「会報」も毎年発行するようになりました。各界で活躍する卒業生の講演、著名な研究者のセミナーや講演、映画上演など、多彩で活発な活動を続け、現在にいたっています。

日本文学会

青山学院大学日本文学会は、1966年に「日本文学・語学の研究とその発展を目的」として作られました。教師・卒業生・在学生によって構成される会員総数は1000名を超え、春・秋の大会や講演会の開催、機関誌『青山語文』・会報・会員名簿の発行など活発な活動を展開しています。歴代の講演者には吉田精一、市古貞次といった研究者や、松本清張などの作家の名が見られます。

史学会

教員と学部生、大学院生、及び卒業生を中心に、歴史学や隣接諸科学の研究、発表を目的とする史学会が組織されています。この史学会は学会誌として毎年、『史友』を発行し、さらに秋には史学会大会を開催しています。大会では学生、大学院生による各部会での研究発表とともに、他大学から講師の先生をお招きして講演会を行っています。相模原キャンパスでは非常勤の先生方による講演会を開催し、学部生を中心として「S・H・O」(史学科情報紙)を刊行し、活発に活動を行なっています。

比較芸術学会

学生と教員を会員とする組織で、芸術全般についての研究および、研究を通した親睦を促進することを目的とする。活動内容としては、学会誌『パラゴーネ』の発行(年1回)、学部生が主体的に執筆・編集する『HIGE会報』の発行(年2~3回)、比較芸術学会大会の開催がある(年1回)。また、美術・音楽・演劇映像の各分野で「研究会」があり、芸術についての知見を主体的に育む場として開かれている。